インテリアからはじまる快適な暮らしの毎日
翻訳における口語体と文語体の使い分け

翻訳を行う場合には、その対象となるものによって、訳出文を口語体にするのか文語体にするのか違ってきます。

基本的には、小説や戯曲といった文芸ものを翻訳する場合には、会話の行われてい記述がかなりの部分を占めるので、ここでは当然に訳文の方も口語体を用いて訳出する必要があります。

また、一般的なマニュアルの場合などにも、文語的な表現を用いるのではなく、日常使われている表現にするために、こちらの方を用いることもよくあります。

一方、法律文書や特許文書、学術論文のようなものの翻訳を行う場合には、まず文語体を用いて訳出するのが普通であると言えます。

リンク